もうすぐ夏ですね。年々日本の夏が暑くなっている気がします。
避暑地といって思いつくのは軽井沢や那須高原などですが、私のおすすめは青森県の奥入瀬渓流です。
この記事では奥入瀬渓流へのアクセスや実際に行ったときの様子を紹介します。

奥入瀬渓流までのアクセス

飛行機 空港でレンタカー又は路線・JRバスで行く場合

青森空港から車で約90分
路線バスの場合は青森駅でJRバスに乗り換え
三沢空港から車で約70分
路線バスの場合は三沢駅にて乗り換え後、十和田市で再度路線バスに乗り換え

電車(東北新幹線上の駅)で行く場合

新青森駅から車で90分又はJRバス
八戸駅から車で70分またはJRバス
七戸十和田駅から車で60分又は路線バスで十和田市まで行き、JRバスへ乗り換え

私は羽田空港からJALで青森空港へ。
青森空港でレンタカーを借りて奥入瀬渓流へ向かいました。
ホテルが15時からチェックインだったので、向かう途中に十和田市現代美術館へ立ち寄りました。

十和田市現代美術館

国内外で活躍する30名ほどのアーティスト作品が楽しめる美術館。
アート広場には、草間彌生さん奈良美智さんの作品をはじめインスタ映え間違えなしの作品がたくさんあります。
写真を撮っているだけで1時間はすぐに過ぎてしまいます。

いざ、奥入瀬渓流へ

十和田市美術館を堪能した後、奥入瀬渓流へ向かいました。
奥入瀬渓流に入ると空気が一変!涼しくていい湿度感です。日が暮れるまでまだ時間があるので、
車で銚子大滝を見に向かいました。
凄い水の量と滝幅です。他にも奥入瀬渓流には双白髪の滝や高さ約30mの白絹の滝などの滝があり、
滝巡りも楽しめます。

銚子大滝

宿泊はずっと宿泊をしてみたかった星野リゾート奥入瀬
奥入瀬渓流ほぼ入り口に位置していて、リゾート内のアクティビティも充実しています。

星野リゾート奥入瀬

星野リゾート奥入瀬
  • 食事 青森名物のリンゴを使ったメニューが豊富なビュッフェが楽しい
  • 部屋 44㎡のモダンルームに宿泊、洋室だけど床は畳なので裸足でのんびり
  • 温泉 奥入瀬川に面した露天風呂はインフィニティプールのよう。リゾート感を楽しめる
  • アクティビティ 星野リゾート奥入瀬に宿泊をお勧めする一番の理由
    渓流バスツアー:オープンデッキの2階建てバスで奥入瀬渓流をめぐることが出来る
    ガイドウォーク:ガイドさんに奥入瀬渓流の植生を解説してもらいながらのウォーキング
    森の学校:夜にホテル内で開催される奥入瀬渓流の解説、翌日のアクティビティに向けて事前学習
    こけ玉作り:奥入瀬渓流といえば苔。雨の日の過ごし方としても良い

翌日は朝から小ぶりの雨模様、レインウェアを来て石ケ戸休憩所まで車で行き、雲井の滝まで片道約3km往復で歩きました。奥入瀬渓流は車道と歩道が川に沿ってあるので、奥入瀬渓流の美しい青い川を見ながら散策が出来ます。
奥入瀬渓流といいえば苔の種類が約300ともいわれるほど豊富。苔観察をしながら歩いていると短い距離の散策でも十分楽しめます。

目から入ってくる景色も涼しげな奥入瀬渓流、夏の滞在にいかがでしょうか。
弊社では青森空港までの航空券や新幹線のチケットの手配、ホテルの予約代理も承っております。


Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です